2009年 01月 05日

国連訪問

ブッリッジポート大学の修士課程であるGlobal Development and Peaceを専攻する学生達は12月3日から4日にかけて、国連本部で現在具体的に国際問題に取り組んでいる専門家達から現状説明を受けると共に、持続的な開発や温暖化に伴う気候変動、また人類の安泰と平和、人道主義による救援などをトピックとしたプレゼンテーションを受けました。

特に2002年から2007年まで国連の事務次官でもあり、世界平和に大きく貢献されているAnwarul K. Chowdhury大使からの指導は学生達に将来の国際指導者としてのあり方を深く考えさせられるものとなりました。
b0090762_23153830.jpg
<University of Bridgeport students in the Master of Arts degree program in Global Development and Peace gather with one of their United Nations hosts at the U.N. headquarters in New York in early December. From left, Miguel Arroyo, Abdulla Guc, Wilma Harris, Dr. Dave Benjamin, who heads the masters program, David Lyons, Musa Ugurlu, James Sniffen, the information and liaison officer for the UNEP, Dr. Noel Brown, April Napralla, Sarala Gurung, Smriti Rai, Jyotshna Aryal, Alexandria Detmer, Justin Hume and Tijana Bokic.>
[PR]

by bestofub | 2009-01-05 23:32 | UB 国際学部


<< UB 卒業生 後輩達と交流      UB student - Ri... >>