2010年 02月 26日

UBとUS Army: 無人偵察機開発の共同研究

b0090762_1241528.gif ブリッジポート大学の工学部を中心とする工学研究チームがUS Armyが計画している無人偵察機開発の共同研究を行うことになりました。今回決定したUBとUS Armyが行う研究は、時速約250キロで空を飛びながら時差なしで画像を速やかに地上の基地に送り通信出来る装置の開発で、ソーダ缶大の無人偵察機の中にカメラとコンピュータシステムを設定する計画です。US Armyではこの研究の為に2百5十万ドルを支援することを発表しました。

Connecticut Post誌でも“The University of Bridgeport will have to create a miniature camera system and computer algorithms to allow operators of the unmanned aerial vehicle to see what the craft is flying near in real time. The idea is to eliminate the delay in transmission so the vehicle's operator can see exactly what the "soda can" can.”として研究の内容を紹介しながら“University of Bridgeport, here's your mission. Design and build a camera that can transmit video over large distances in real time. It has to fit into something the size of a soda can, and, by the way, the thing will be flying through the air at about 150 miles per hour.”と声援を送っています。

学士から博士課程までを備えたコネッチカット州で最も規模の大きいUB工学部は、常に高度な工学教育を学生達に提供しています。
[PR]

by bestofub | 2010-02-26 12:44 | UB 工学部


<< 大学ビデオ - UB Stories      UB女子バレーボール: 200... >>