2012年 03月 27日

NASAの関連研究などで4人の学生が支援を獲得

ブリッジポート大学(UB)の4人の学生がNASAに関する研究とその他の活動に取り組む為の支援をコネチカット宇宙研究基金から受けることになりました。

コネチカット州宇宙研究基金は学生の研究と活動の為に資金を含めた支援をしますが、その内容にラボはデザイン、音響認知工学をはじめとする研究や宇宙及び航空関係において最先端をいくUnited Technologies Corporation (UTC)などの主要企業でのインターンシップが含まれています。
コネチカット州宇宙研究基金の支援は、学生達が航空及び航空宇宙における分野で実質的な活動と体験を可能にするだけではなく、其の成果を持って社会的にも大きく貢献するものとなるでしょう。

• UBの工学部でコンピュータ工学を専攻するMatthew Breland君は、2012年春学期に$5,000の研究資金を獲得しました。Breland君と彼の指導教授で大学院の電気工学科に席をおくHassan博士は”High Efficiency Broadband Solar Cell for Aerospace Applications.”のプロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトはAntenna for power-harvesting applicationsの発展を狙うものです。 Breland君はこの春学期に10週間におけるUTCでのインターンシップにも選ばれています。

• $5,000の支援を獲得したUBの産業デザイン専攻のManuel Curillo君はPallis博士の指導の下、NASAがスポンサーである学生工学大会をサポートする為に、新しい工学のカリキュラムと施設の発展の為に取り組んでいます。特に月と火星の表面を模倣する小さなラボをデザイン中です。

• UBでコンピュータ工学を専攻するEdwin Gravrand君も$5,000の研究資金を獲得しました。Gravrand君と彼の指導教授であるBuket Barkana博士は環境音と雑音を認識するテクノロジーを調査しています。彼らの研究テーマは”Sounds of Contexts, Environment, and Noise Evaluator.”です。

• 4人目は現在UBでコンピュータ科学の大学院に在籍するYasser Elleithyさんです。Elleithyさんは$5000が約束された10週間のインターンシップに選ばれました。Yasserさんは他にもNational Society of Black EngineerやThe Society of women Engineersなどからも賞を受け、更にNASAの宇宙関連リサーチでも活躍しています。
[PR]

by bestofub | 2012-03-27 03:55 | UB 工学部


<< 学生生活ビデオ      Higher Educatio... >>