2006年 05月 02日

コンピューターサイエンスとエンジニアリング専攻

コネチカット州において一番の規模を誇るコンピューターサイエンスとコンピューターエンジニアリングを中心としたUBの工学部を紹介します。

学士号 (B.S.): コンピューターサイエンス, コンピューターエンジニアリング
修士号 (M.S.): コンピューターサイエンス, コンピューターエンジニアリング
博士号 (Ph.D.): コンピューターサイエンス, コンピューターエンジニアリング

現在工学部には、世界各国、および全米から集まった600人の学生達が勉強しています。ここ1~2年にかけて出された学生達の活動振りをご紹介しましょう。

b0090762_6192883.jpg昨年は、世界の工学学会で有名なIEEEの国際コンピュータープログラミン大会に参加できる世界80大学の一つとして選ばれ、学生達が参加しました。そしてアメリカのASEEのニューイングランド地方のプログラミン大会では、2年連続の1位を制覇しました。特に今年の春には、Yale大学やコネチカット州立大学などが参加するコンピュータープログラミン大会で、これまでの歴史であった1位~5位はYale大学という記録を破り、UBの学生が2位を受賞したことによってYaleを破り、新しい記録を作ったということで、メディアの間で大きな話題を呼びました。また北米マイクロソフトのプログラミン大学では、3位を受賞しています。
学生達がもっとも関心のある進路についてですが、UBの卒業生達は、GE,IBM,EMCなど世界的に有名な会社で活躍しています。特に今年の卒業生の中では、コロンビア大学、イェール大学の大学院に進学した優秀な学生を含め、アメリカ全土のコンピューター関係を専門とするほとんどの学生達が、夢にまで願うGEのインフォーメーション マネージメント リーダーシップ プログラムの一人として選ばれた学生がいます。毎年このプログラムに選ばれるのは、GEのプログラムに応募した何千人の学生の中から、全米で5人だけです。

この学部を担当する学部長のグロージンスキン博士は、MITでコンピューターを勉強し、大学院長であるソープ博士はアメリカにおいてロボット工学の専門家として知られています。そのこと故、昨年から今年にかけてSun マイクロシステムから2億円相当の施設を寄付して頂いたり、国連や各組織から研究施設や、研究資金などを受けています。

UBのコンピューター関係は、留学希望者を抱える多くの国々の間でもよく知られている学部で、留学生の多くが、こういったUBの内容をふまえ、コンピューター関係に申請書を出してきます。そして彼らの願いに応えるべく、アメリカは勿論、自国に於いても、彼らは学んだものを十分にいかし、必要な人材として社会から認められています。
[PR]

by bestofub | 2006-05-02 01:49 | UB 工学部


<< 国際学部 (Internati...      先輩の紹介1: フレッド・デル... >>