カテゴリ:UB 先輩の紹介( 35 )


2009年 08月 17日

新宿のGrom

b0090762_0354253.jpg 新宿丸井の一階にあるジェラートで有名なGromを知っていますか?

UB同窓生、赤津さんのお店です。40分くらい待たないとジェラートが食べられないくらい好評と聞き、半信半疑でGromに向かってみました。お店の中から地下鉄の入り口まで続く列にびっくり。“おいしい”と飛び交う声と嬉しそうなお客さん達の笑顔が微笑ましかったです。今年UBを卒業し家業を引き継ぎながら、将来のビジネスのあり方を勉強中の貴禎君にとっては、学ぶことの多い一日となったようです。赤津さんを始めいつも後輩達に夢を与えながら応援して下さっている卒業生の皆さんの存在に心から感謝します。

写真:左から赤津さん、榎本貴禎君です。
[PR]

by bestofub | 2009-08-17 20:34 | UB 先輩の紹介
2009年 01月 13日

UB先輩の紹介:  国連大使 - Ivan Barbalic


1997年ブリッジポート大学の国際経営学科を卒業したIvan Barbalicさんが2009年1月8日付けでボスニア‐ヘルツェゴビナ共和国の国連大使(Ambassador to the United Nations)として赴任しました。

33歳での国連大使就任で国連の歴史上もっとも若い国連大使の仲間に記録されるようです。先週の木曜日に国連本部でパン・ギムン国連事務総長に会い公式的な活動を始めました。これからも、益々の活躍を期待しています。

**写真は国連のホームページにのせられてるもので、パン・ギムン国連事務総長(写真の右)に会い国連大使としての赴任を申告する場面です**
[PR]

by bestofub | 2009-01-13 03:42 | UB 先輩の紹介
2009年 01月 06日

UB 卒業生 後輩達と交流

2002年、ブッリジポート大学の国際学部、社会学科を卒業し現在国連本部のU.N. Development Programme(UNDP)で活躍されている日本人先輩のせいのみしこさんが母校の後輩達にこれまでの経歴や国連におけるインサイダーとしての見解をシェアして下さいました。

b0090762_5191870.jpgせいのさんは2006年よりニューヨーク国連本部のUNDPに所属, 特に日本がサポートしているプロジェクトを中心としながら国連開発計画に関わってきました。彼女が関わってるプログラムは国連ミレニアム開発を目標とした様々な国連活動のコーディネーターであることを指摘しながら、学生達と国連開発計画の具体的な活動について議論しました。

せいのさんの経歴はUB在学中に始めたNew Yorkの日本領事館でのインターンシップから始まり、ブッリジポート大学卒業後には国連の日本政府代表部(Permanent Mission of Japan to the United Nations)で勤務できるようになりました。日本政府代表部での勤務の際には、問題解決の為、課題を進めるにあたって向き合われる外交官達の様々な挑戦を目の辺りにしたそうです。

最後にせいのさんは学生達に、国連などの国際機関で活躍するために、これからは高い国際関係にかかわる知識を得ると共に、ファイナンスやアカウンティングなどの様々な分野においての専門知識を取得する必要があることを強調されました。
[PR]

by bestofub | 2009-01-06 05:16 | UB 先輩の紹介
2008年 12月 02日

UBの先輩: Lee Harry - Buddha Jones Trailers社のオーナー

b0090762_4274718.jpgHarry先輩は1978年ブリッジポート大学(UB)を卒業してからハリウッドに進出し映画・テレビ番組などの予告編を製作する専門家として位置を占めるようになりました。今はハリウッドで最も名前を上げているBuddha Jones Trailers社のオーナーです。

Harry先輩は今までスーパーマン リターンズ(Superman Returns)、13日の金曜日(Friday the 13th)、X-ファイル(X-Files)、カンフー・パンダ(Kung Fu Panda)、ファンタスティック・フォー(Fantastic Four)やジョージ・W・ブッシュ大統領に関する映画で有名なWなどの私たちにとても親しいTrailers(予告編)を製作して来ました。

Harry先輩はUBに在学していた当時にも"Button, Button"というショートムービーを製作しStudent Oscar for Short Movie賞を受賞しています。卒業と共に当時UBに一緒に在学していたJillと結婚式をあげ、キャンパスカップルとしても有名です。
[PR]

by bestofub | 2008-12-02 04:33 | UB 先輩の紹介
2008年 07月 09日

同窓会

b0090762_430079.jpgさる6月29日初めて学長を迎えたOfficialのUB同窓会が卒業生、赤津慎太郎さんの御厚意で、東京麻布のヴェネツィアン コンテンポラリーガラス アートギャラリー『ベレンゴ アカツ コレクション』にて開かれました。

今回は1980年代から90年代前半の卒業生が集って下さり、昨年卒業した榎本由佳里さんと現在UBでマスコミュニケーションを専攻しているChris君が、体験談と共にUBの様子を伝えてくれました。

b0090762_45533.jpg 中にはUB卒業後30年振りの再会となった同窓生もいらっしゃり、卒業生一人一人にとって懐かしく、嬉しい一時となったようです。同期ではなくてもUBでの留学経験には時を越えて共通の想いが感じられ、学生時代に戻ったようだったと何人かの方々からご報告を頂きました。

皆さん、ありがとうございました。

そして京都のMamiさん、素敵なお花とニューズレターありがとうございました。
これからもUBをよろしくお願いします。
[PR]

by bestofub | 2008-07-09 04:18 | UB 先輩の紹介
2008年 06月 26日

UBの先輩: Ely Loew - Fulbright Fellow (フルブライト・フェローズ)

b0090762_2532845.jpg今年2008年5月、ブリッジポート大学のIPED(国際政治経済及び外交学)を卒業したEly Loew君がFulbright Fellow(フルブライト・フェローズ)として選ばれました。

フルブライト・フェローズはアメリカの国務省が後援するプログラムで各分野の専門家(Scholars, Professionals, and students)を選び世界各地で専門分野の研究が出来るように支援をするプログラムです。学者達の間でもフルブライト・フェローズに選ばれ事は一生においての誇りであり憧れのポジションです。

Ely君はフルブライト・フェローズとしてBalkan半島中部マケドニア共和国に行き国際政治学を勉強しながら“マケドニア共和国のEuropean Union加入がマケドニア国内のアルバニア人少数民族に与える影響”について研究をするようになります。

フルブライト・フェローズ
[PR]

by bestofub | 2008-06-26 02:56 | UB 先輩の紹介
2008年 06月 21日

UBの先輩:Nicole Fiscella (モデル・俳優)

b0090762_6451983.jpgThe CW Networkのドラマ"Gossip Girl" でIsabel役をしているNicole Fiscellaはブリッジポート大学 栄養学修士課程の卒業生です。彼女はアメリカ名門校Tufts 大学で人類学を卒業後、UBに入学しました。

Nicoleは俳優のみでなくモデルとしてもセントルシアとインド系のユニークなバックグランドをベースにElle, Cosmopolitan, Cosmo Girl, Lucky、Selfなどで活躍しています。PanteneやGap Bodyの宣伝でもおなじみです。TessとOllieという名前の猫と一緒にNew YorkのManhattan在住です。
[PR]

by bestofub | 2008-06-21 06:57 | UB 先輩の紹介
2007年 11月 18日

同窓会

2007年10月23日、東京の恵比寿で小さな同窓会が開かれました。

b0090762_001411.jpg70年代後半から80年代前半に在学していらした同窓生からは、先輩後輩が助け合いながら過ごされた留学生活の様子が伺え微笑ましく、UBの思い出話に、笑いの耐えない楽しい時間となりました。左から今野淳一さん、吉田博之さん、竹田政弘さん、岡田光司さんです。楽しい時間をありがとうございました!
[PR]

by bestofub | 2007-11-18 00:07 | UB 先輩の紹介
2007年 03月 27日

UBの先輩: Ellen Alemany - アメリカ Royal Bank of Scotland (RBS) Group 社長


1976年、ブリッジポート大学(University of Bridgeport) 英文学科を卒業したEllen AlemanyがアメリカのRoyal Bank of Scotland (RBS) Groupの社長となりました。現在、アメリカのRBS Groupは2万5千人以上のスタッフを持つアメリカ6大金融機関の一つですが、Ellenを迎えこれからアメリカ4大金融機関になる事を目標にしています。

また、EllenはUS Banker誌が毎年選定するアメリカ金融界で最も強い影響力を持つ25人の女性(25 Most Powerful Women in Banking) に過去2年間5位と4位に選ばれました。

アメリカのRoyal Bank of Scotlandの社長になる前は、アメリカの3大金融機関の一つであるCitiGroup のCitiCapitalとCommercial Markets Group及びCommercial Real Estate Groupを統括するCommercial Business GroupのExecutive Vice Presidentを経て、同じCitiGroup系列Global Transaction Services(GTS)のCEOを勤めました。

益々の活躍を期待します。
[PR]

by bestofub | 2007-03-27 11:47 | UB 先輩の紹介
2007年 03月 27日

King James: Saitama's Gordon relies on effort to rule boards

b0090762_1194487.gifThe Japan Times英語版(日本新聞)にブリッジポート大学(UB)を卒業し日本プロバスケットボールリーグ「bjリーグ」の埼玉ブロンコスで活躍しているゴードン・ジェームスの様子が記載されましたので紹介します。

King James: Saitama's Gordon relies on effort to rule boards
The Japan Times: Wednesday, March 21, 2007
By ED ODEVEN

TOKOROZAWA, Saitama Pref. -- Catch a glimpse of any Saitama Broncos game and this is something you'll see time after time:

An opposing player takes a shot and misses, the ball bounces off the rim or backboard and . . . Gordon James goes after it with all his might. He out-jumps, out-hustles and out-muscles opposing players -- and an occasionally bewildered teammate -- for the bouncing, rolling or airborne ball on a regular basis.

Each time he secures the basketball in his hands, James is displaying the same go-for-the-gusto mentality that children show when they open presents on Christmas Day.

James is the bj-league's No. 1 rebounder. He has 503 boards in 36 games, an impressive figure of 14.0 per contest. It's more impressive when you consider that each of the bj-league's eight teams have bigger, stronger players.

"I just want the ball," James said after a recent game at Tokorozawa Municipal Gymnasium. James has had double figures in rebounds in all but five games, including three 20-rebound outings and a 21-board effort. Though he's a capable scorer -- he's averaging 16.9 points per game -- James' mentality on the court keeps him focused on being an ace rebounder.

"When you rebound the basketball," James says, "there's always a place for you on the floor . . . even if you're not scoring." Saitama forward David Benoit dished out nothing but praise for James when we conversed about his teammate.

"Rebounding is all hard work and that's what Gordon does," is how Benoit put it. "It takes a lot of work to get that many rebounds." And he should know.

Benoit competed with and against rebounding stalwarts Charles Barkley, Dennis Rodman and Karl Malone in the NBA in the 1990s. James, meanwhile, has welcomed constructive criticism from the longtime pro since the beginning of the season. "If you see something wrong with my game, tell me," Benoit recalls James telling him. "I will not get upset." He hasn't. "He still wants to get better," Benoit adds.

After his team lost 92-78 to the Broncos on March 11, Oita HeatDevils forward Mikey Marshall pointed out that James has become a player the bj-league's other seven teams must find way a contain. "He's a great player," Marshall says. "If you want to win, you have to focus on stopping great players." In other words, opposing teams' scouting reports are not written without prominent mention of what James can accomplish.

What makes James a great player? "He's a great jumper. He's a great scorer," Marshall decided. But James doesn't knock down spot-up jumper after spot-up jumper from long range or sink off-balance floaters in the lane. Yes, he has a nice shooting touch, but it's his explosive first step and leaping ability that create scoring chances for him on the break or in traffic. But remember this: Tip-ins, dunks, putbacks -- all with a forceful manner -- have become his offensive trademark. James is one of the biggest bright spots this season for the Broncos, who are 13-23 and 13 games behind the league-leading Osaka Evessa.

In his first year in the bj-league, James is earning the praise of fans, his peers and the league's coaches for being a solid all-around player. In doing so, he's replicating what he did at SC Barga in the Portuguese League last season, when, as a rookie, he took home the MVP award and led the circuit in rebounding. James was born in Guyana, a small nation in South America. His early athletic pursuits included the 200-meter dash, soccer and cricket. "They used to call me 'Flash Gordon,' " the 28-year-old says, flashing a smile.

James moved to Brooklyn, N.Y., when he was 11. Like most Big Apple boys, he played basketball for fun with friends, but didn't start playing organized ball until his senior year at Automotive High School. Nevertheless, one year of varsity ball paved the way for James' basketball odyssey.

He attended Orange County Community College (N.Y.) before enrolling at Division II University of Bridgeport (Conn.). In two seasons at Bridgeport, he attracted national attention for his rebounding prowess and led all D-II players in rebounding twice. His college career ended in 2004, but not before he had made a name for himself.

"A scout saw me playing in my conference All-Star Game and the Portugal deal was basically finalized," James says. But first he spent another year focusing on academics. James earned a degree in child psychology in 2005, and he eventually wants to be a guidance counselor. ("I had that person for me in high school," he says. "I can definitely see myself as a counselor after basketball.") That career can wait for now, though. His pro basketball career is, really, just beginning -- and thriving. James participated in the bj-league's inaugural All-Star Game on Jan. 27 in Okinawa.

What's more, James has become a fan favorite. One example: Saitama supporters have started bringing a Guyana flag to recent home games, helping James feel at home thousands of kilometers from his birthplace. Sure, you can explain to players the fundamentals of solid rebounding: boxing out and how to position oneself for the balls, but it's an aspect of the game that's more mental than physical.

"You have got to want it, but you still need the desire to get the ball," James says. "It's something you really can't teach." James is equally adept at blocking shots (he's averaging 1.8 per game, which is No. 2 in the league; this includes 19 games of two or more swatted shots) or making steals (57).

In the fourth quarter of the March 11 game, for instance, James helped quell an Oita comeback attempt by rejecting Oita big man Andy Ellis' jumper as the HeatDevils threatened to pull within six in the final two minutes. It never happened. The Broncos closed out the game on a strong note. "I want to do something (each game) that's going to fire up my teammates," James says. Off the court, James is relaxed and introspective. He writes poetry ("fiction, but not a diary") and is a bit quirky ("I never run for more than 40 minutes," he says, explaining that the time of a hoops game is long enough for him to run.).

A vegetarian, James keeps fit by going to a Tokorozawa sports club three or four times a week. He doesn't lift weights, though; he sticks to calisthenics. Every basketball league has guys like Gordon James, guys who demand a lot from themselves each time down the court. And that's a good thing.

The Japan Times: Wednesday, March 21, 2007
(C) All rights reserved
[PR]

by bestofub | 2007-03-27 01:39 | UB 先輩の紹介