ブリッジポート大学 (University of Bridgeport - UB)

bestofub.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:UB 工学部( 21 )


2016年 12月 06日

ブリッジポート大学工学部学生 2016年度AAAEA奨学金受賞

AAAEA(アラブ・アメリカン・エンジニア・アーキテクト協会)がTri-State(NY州、NJ州、及びCTを含むニューヨークメトロポリタンエリア)において、研究分野に優れた成果をあげている学生6人に与える奨学金のうち、2016年度は4つの奨学金をUB工学部の学生達に授与しました。この奨学金はAAAEAの背景やメンバーシップに関らず、Tri-Stateの全ての学生達にオープンされています。

表彰式ではUBの名前が6回の内4回呼ばれ、”UB Night”となりました。4人の受賞者は学部生、修士課程、博士課程の学生を含みます。UBの学生達の受賞は、これが初めてではなく、来年に向けても各分野におけるUBの教育に期待がかけられました。

博士課程に在籍するMohamed Ben Haj Frej君の研究論文とポスターは、既に米国工学教育協会(American Society of Engineering Education)、国際科学技術研究ジャーナル、及びIEEEの機械学習と応用に関する国際会議で発表されています。

(詳細)
b0090762_134667.jpg

[PR]

by bestofub | 2016-12-06 01:06 | UB 工学部
2016年 11月 16日

ホワイトハウス

UB工学部学長Sobh博士は、ホワイトハウスで、オバマ大統領はじめ、政府関係者に対して行われた、National Academy of Engineering (NAE) が提案するGrand Challenges of Engineering programの報告会に参加しました。

NAEが主催するこの全国的プログラムは、現代社会が抱える、健康問題、代替エネルギーについて、あるいはバーチャルリアリティやサイバーセキュリティなどの問題を、革新的な工学技術を持って、いかに対応していくかを追求するものであり、さらにその専門分野で貢献できる人材育成の重要さが組み込まれています。
b0090762_4111133.jpg

UBでは、2016年春にUB’s Grand Challenges Scholars Program (GCSP)が、学部生を含む、選別された5人の学生と共にスタートしました。
...
このプログラムへの参加によって、学生達はGrand Challengesに含まれる分野の革新的な研究に参加する他、企業での経験や海外の提携大学とより国際的なSTEM研究に取り組むなど、工学技術を身につけながら、それらの内容をいかに社会に対応させていくかを学んでいます。
Sobh博士は、2015年にも工学分野の挑戦について、オバマ大統領に報告するとともに、今年の春にもホワイトハウスを訪れています。More details
[PR]

by bestofub | 2016-11-16 04:09 | UB 工学部
2016年 11月 09日

機械工学学士課程開講

ブリッジポート大学(UB)工学部からのニュースです: 2017年秋学期より機械工学学士課程(B.S. in Mechanical Engineering)の専攻が新しく開設されます。現在UBで人気のある、機械工学の修士課程の基盤の上に、今回は学士課程の提供が出来るようになりました。機械工学学士課程を終えた学生たちは、UBの工学部大学院に進学し、機械工学、バイオメディカル工学、電気工学、テクノロジーマネジメントなどの修士課程を一年で終える事が出来ます。ブリッジポート大学の工学部は、学士課程に加え修士課程、博士課程をもち、大学院においてはコネチカット州で最大規模の工学プログラムを提供しています。
詳細
b0090762_4584780.jpg

[PR]

by bestofub | 2016-11-09 04:59 | UB 工学部
2014年 04月 24日

アメリカ工学教育協会コンファレンス

American Society of Engineering Education (ASEE – アメリカ工学教育協会)のZone One Conferenceが4月3日から5日までブリッジポート大学(UB)の工学部と共催でUBキャンパスにて開かれました。このコンファレンスには90の大学と43の工学関連機関から5百人以上の教授、研究者、学生達が参加しました。

今回のコンファレンスでは東京大学大学院情報学教授である池内克史先生からの“Dancing Robots”の研究に対する講演も行われました。池内先生はMIT人工知能研究所、通産省電子技術総合研究所、カーネギーメロン大計算機科学部での職務を経て、現在は東京大学生産技術研究所で研究を続けていらっしゃいます。

UBの工学部にはコンピュータサイエンスとエンジニアリングの博士課程、テクノロジーマネジメントの博士課程をはじめ、バイオメディカルエンジニアリング、コンピュータサイエンス、コンピュータエンジニアリング、機械工学、電気工学、テクノロジーマネジメントの修士課程、そして、学部においてはコンピュータサイエンス、コンピュータエンジニアリング、電気工学の専攻があります。

b0090762_0183540.jpg
b0090762_0184599.jpg
b0090762_0193258.jpg

b0090762_0211690.jpg

b0090762_0214684.jpg

b0090762_0223389.jpg

b0090762_022587.jpg

b0090762_0201638.jpg
b0090762_0234054.jpg
b0090762_024745.jpg

[PR]

by bestofub | 2014-04-24 00:25 | UB 工学部
2013年 12月 14日

コネチカット州大学生ビジネスプランコンテストで大活躍

ブリッジポート大学(UB)工学部学生達がコネチカット州大学生ビジネスプランコンテストで大活躍です!

  1位: Yale Univ. (イェール大学)
  2位: UB (ブリッジポート大学)
  3位: Quinnipiac Univ. (クウイニピアク大学)

UB Engineers Win Statewide Business-Plan Contest
The Stamford Advocate紙
12月12日付 (記事のリンク)

A student team from the University of Bridgeport School of Engineering won second prize at the Fall 2013 Connecticut Business Plan Competition, which took place Dec. 6 at Gateway Community College in New Haven. Sponsored by the Entrepreneurship Foundation, the contest included twelve student teams from colleges and universities throughout Connecticut, both in undergraduate business programs and postgraduate MBA programs. The team from University of Bridgeport, headed by Bridgeport resident Mohana Alfarasani, won $500 for best business plan for their "Sign Language App". The team is in the process of developing a mobile phone application that translates American Sign Language signals into text messages to assist hearing impaired people in communicating with people who do not understand ASL. Other winners included first place team "NoShowFix," headed by Suzanne Lagarde, from Yale University; "MusicVault," a student team from Quinnipiac University, led by Nicholas Hakim, that won "Best Online Executive Summary" award for best written business plan submitted online; and "KolWorks," a student team from Housatonic Community College headed by Shelton resident Glenn Bader, garnering a "in kind" award.
[PR]

by bestofub | 2013-12-14 10:05 | UB 工学部
2013年 02月 15日

宇宙研究基金からの5万1千ドルの研究支援金

2013年度も、ブリッジポート大学(UB)工学部の二人の教授と四人の学部生がコネチカット州の宇宙研究基金から5万1千ドルの研究支援金を受けることが決まりました。

UBの工学部でComputer ScienceとComputer Engineeringを専攻する4人の学生達は一人当たり5千ドルの支援金を受け、“High-Efficiency Broadband Solar Cell for Aerospace Applications” “Extension of an Information Power Grid Using Cloud Computing” “Identifying Breathing Movements to Aid Breath Regulation”や“Graphene-Polymer Self Assembled Multifunctional Aerospace Nanocomposites”などのトピックで研究を進めます。

学部生として参加するこのような研究の実績は、就職や名門大学院進学に向け、大きな力になります。

b0090762_46476.jpg

英文ですが、詳細は以下のとおりです。

School of Engineering awarded $51,000 for applied aerospace research

Two University of Bridgeport (UB) faculty members and four undergraduate students from the School of Engineering have been awarded funds from the Connecticut Space Grant Consortium to further their various work in applied aerospace research.

“We are thankful and thrilled that our faculty and UB students have received these awards through the Connecticut Space Grant Consortium,” said Dr. Jani Macari Pallis, a professor in the School of Engineering and UB’s representative to the Connecticut Space Grant Consortium. “This support will truly assist our faculty and students in pursuing real-world applications related to NASA’s mission.”

Dr. Jeremy Li, an associate professor in Mechanical Engineering, was awarded $20,000 for a “Computer-Aided Analysis and Experimental Study of Nano-Coating Technology Applied to NASA and the US Aerospace Industry.” The research will assist the design of more durable, energy-saving products while making them lighter in weight, safer in flight, higher in efficiency, and more reliable in performance. This research will also seek to determine which critical parameters in nanocoating processes should be controlled to improve manufacturing efficiency and product quality.

Dr. Hassan Bajwa, an assistant professor in Electrical Engineering, was awarded $11,000 for “Nanoscale Antenna for In-Space Power Harvesting Application.” The proposed interdisciplinary research addresses both fundamental issues in material science, nanostructures, and soft electronics, and plans to fabricate DNA- scaffold-based nanoscale-antennas.

Matthew Breland, a computer engineering major, was awarded a $5,000 fellowship. He and Dr. Bajwa, his faculty adviser, are working on a project entitled, “High-Efficiency Broadband Solar Cell for Aerospace Applications.” The research aims to develop an antenna for power-harvesting applications.

Jean Armatis, a computer engineering major, was awarded a $5,000 fellowship. He and Dr. Bajwa, who also is his research adviser, will be working on an “Extension of an Information Power Grid Using Cloud Computing.” The objective of the project is to develop a test bed for next-generation computational tools.

Sarah Michels, who is majoring in computer science, was awarded $5,000. She and her faculty advisors, Dr. Miad Faezipour (Computer Science and Computer Engineering) and Dr. Prabir Patra (Biomedical and Mechanical Engineering) will be “Identifying Breathing Movements to Aid Breath Regulation.” The study aims to integrate breathing movement classifications with lung capacity estimation in a customized real-time platform to assist individuals to regulate their breath in harsh breathing conditions such as aerospace environments.

Yazan Lpizra, who is majoring in computer science, was awarded a $5,000 directed scholarship. He and his research advisers, Drs. Patra Faezipour, will study “Graphene-Polymer Self Assembled Multifunctional Aerospace Nanocomposites.” The research aims to use a simple and efficient layer by layer process for the formation of chemically converted graphene nanocomposite materials for aerospace applications.

b0090762_471463.jpg

[PR]

by bestofub | 2013-02-15 04:10 | UB 工学部
2012年 03月 27日

NASAの関連研究などで4人の学生が支援を獲得

ブリッジポート大学(UB)の4人の学生がNASAに関する研究とその他の活動に取り組む為の支援をコネチカット宇宙研究基金から受けることになりました。

コネチカット州宇宙研究基金は学生の研究と活動の為に資金を含めた支援をしますが、その内容にラボはデザイン、音響認知工学をはじめとする研究や宇宙及び航空関係において最先端をいくUnited Technologies Corporation (UTC)などの主要企業でのインターンシップが含まれています。
コネチカット州宇宙研究基金の支援は、学生達が航空及び航空宇宙における分野で実質的な活動と体験を可能にするだけではなく、其の成果を持って社会的にも大きく貢献するものとなるでしょう。

• UBの工学部でコンピュータ工学を専攻するMatthew Breland君は、2012年春学期に$5,000の研究資金を獲得しました。Breland君と彼の指導教授で大学院の電気工学科に席をおくHassan博士は”High Efficiency Broadband Solar Cell for Aerospace Applications.”のプロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトはAntenna for power-harvesting applicationsの発展を狙うものです。 Breland君はこの春学期に10週間におけるUTCでのインターンシップにも選ばれています。

• $5,000の支援を獲得したUBの産業デザイン専攻のManuel Curillo君はPallis博士の指導の下、NASAがスポンサーである学生工学大会をサポートする為に、新しい工学のカリキュラムと施設の発展の為に取り組んでいます。特に月と火星の表面を模倣する小さなラボをデザイン中です。

• UBでコンピュータ工学を専攻するEdwin Gravrand君も$5,000の研究資金を獲得しました。Gravrand君と彼の指導教授であるBuket Barkana博士は環境音と雑音を認識するテクノロジーを調査しています。彼らの研究テーマは”Sounds of Contexts, Environment, and Noise Evaluator.”です。

• 4人目は現在UBでコンピュータ科学の大学院に在籍するYasser Elleithyさんです。Elleithyさんは$5000が約束された10週間のインターンシップに選ばれました。Yasserさんは他にもNational Society of Black EngineerやThe Society of women Engineersなどからも賞を受け、更にNASAの宇宙関連リサーチでも活躍しています。
[PR]

by bestofub | 2012-03-27 03:55 | UB 工学部
2011年 10月 01日

ノーベル賞受賞、ハロルド・クロート教授がUBで講演

b0090762_4121284.jpg10月21日(金曜日)午後3時からブリッジポート大学で1996年度にノーベル化学賞を受賞されたハロルド・クロート(Harold W. Kroto)教授が"Creativity Sans Frontiers (国境なき創造性)"という題名で講演を行います。この講演会はUB工学部の主催です。

ハロルド・クロート教授は炭素原子60個からなるサッカーボール型の分子、カーボン60をはじめて合成し、超電導、材料科学に関連する新分野を開拓したとして、ロバート・カール教授,リチャード・スモーリー教授と共にノーベル化学賞を受賞しました。
[PR]

by bestofub | 2011-10-01 04:16 | UB 工学部
2011年 07月 27日

NASAより2012X-Hab Innovatin Challengeに選抜

b0090762_22502699.jpg
ブリッジポート大学工学部がNASA 及びNational Space Grant Foundationが企画する2012年度eXploration Habitat Academic Innovation Challengeに参加する4つの大学として選抜されました。

選抜は直接NASAによるもので全米から選ばれた4つの大学の工学部は未来の宇宙探検を可能にするハビタットのデザインから製品化を手がけると共に科学的コンセプトを証明する大会に参加するようになります。

2012年度はOklahoma State University、University of Maryland、Ohio State UniversityとUniversity of Bridgeport(ブリッジポート大学)の工学部が全米の工学部の中から選ばれました。高度な工学と建築の技術をも要求されるX-Hab Innovation Challenge で、学生達はそれぞれの課程ごとに技術者や科学者から直接指導を受けることができ、来年の夏には彼らの研究成果がNASAの Johnson Space Centerにおいてテストされることになっています。

NASA Selects 4 Universities for 2012 X-Hab Innovation Challenge

WASHINGTON, July 22, 2011 / USNewswire/ -- NASA has selected four universities to design habitat and science concepts that could be used by future deep space explorers. The teams will participate in the second eXploration Habitat (X-Hab) Academic Innovation Challenge led by NASA and the National Space Grant Foundation.

The teams are from Oklahoma State University; University of Maryland, College Park; Ohio State University; and University of Bridgeport, Conn. The undergraduate students will design, manufacture, assemble and test their concepts and hardware. A panel of engineers and scientists will assess their progress at each stage of the competition. The National Space Grant Foundation will fund the cost of the teams' design development and their participation in testing next summer at NASA's Johnson Space Center, Houston, Texas.

"This is an amazing opportunity for students to get hands-on experience in fields ranging from engineering and science to business management," said Doug Craig, strategic analysis manager for analog systems at NASA Headquarters in Washington. "Last year's competition proved to be intense, demonstrating the creativity, dedication, and technical excellence of the team members."

The 2012 X-Hab challenge will look at volume, geometry and habitability of a deep space habitat and technologies for plant growth and geo-science sample handling. The challenge is a participatory exploration effort designed to encourage studies in spaceflight-related engineering and architecture disciplines. NASA is committed to training and developing a highly skilled scientific, engineering and technical workforce for the future.

NASA's Exploration Mission Directorate, Directorate Integration Office via the Habitat Demonstration Unit Project, is sponsoring the challenge. NASA is dedicated to supporting research that enables sustained and affordable human and robotic exploration. This educational challenge contributes to the agency's efforts to train and develop a highly skilled scientific, engineering and technical workforce for the future.

For more information, visit: http://www.nasa.gov/exploration/analogs/xhab_challenge.html
For more information about the Habitation Development Unit Project, visit: http://www.nasa.gov/exploration/analogs/hdu_project.html
[PR]

by bestofub | 2011-07-27 22:52 | UB 工学部
2011年 06月 16日

UB工学部:2011年度ASEE総会で最優秀論文賞

時代に備えハイテクプロフェッショナルを育てていかなくてはいけない教育現場での最大の課題はコンピューターを扱った教育の必然さを認識しながらも、何千万から何億円を越えるスーパーコンピューターの導入が現実に難しいということです。

この現状を打開すべく、ブリッジポート大学の工学部、Jeongku Lee 教授と大学院生であるOmar Abuzaghleh君はPlay-Station 3ゲーム装置を利用し2千ドル以内に収まるスーパーコンピューターを生み出すプロジェックトに関わりました。Lee 教授とOmar君の研究はスーパーコンピューターの導入が不可能に近い小中規模教育機関などに画期的な展望を与えることになります。

厳しい時間と費用の制限のもとに行われたこの研究は、大きな成果をもたらし、今年の6月26日にカナダのバンクーバで行われるASEE(The American Society of Engineering Education)定期総会で最高の名誉にあたる最優秀論文賞(Best Paper Award of the year)として選ばれました。

以下はASEE 審査官から言葉です。"UB professor Jeongkyu Lee and student Omar Abuzaghleh's new super computer enables low budget programs to offer courses with a hand-on experience. This is a huge plus to the computer science curriculum… It's an excellent way to involve students at all level.”
[PR]

by bestofub | 2011-06-16 04:10 | UB 工学部