カテゴリ:UB 国際学部( 23 )


2011年 04月 27日

UBチームが国際関係におけるWorldQuest大会で優勝

UBのGlobal Development and Peace専攻からの代表チームがWorld Affairs Forumの主催するWorldQuest Competitionにおいて勝利を収めました。

この大会は国際社会で活躍する為に準備をしている大学生の為にThe World Affairs Forumが開催したもので、現在各地域で具体的に起こっている問題から、グローバル社会の中での地域的問題や、世界宗教に関わる内容、そして世界基準での健康問題などあらゆる方面における質問が出されました。

The World Affairs Forumは国際関係を専攻する学生の為に特別な教育を提供しているWorld Affairs Councils of Americaのメンバーです。
[PR]

by bestofub | 2011-04-27 05:07 | UB 国際学部
2011年 01月 26日

UBチームDistinguished Delegation Award 受賞

b0090762_684991.jpgUB国際学部のチームが2010年11月22日から26日にかけて、ヨーロッパで開かれたモデルUN大会においてDistinguished Delegation Awardを受賞しました。

UBの国際学部はこれまでにも国連本部におけるモデルUNで実績を上げてきましたが、ヨーロッパでの参加は今回が初めてでUBチームはVenezuelaの代表として討論を行いました。

今回のテーマには国際テロリズム、核兵器、世界的環境問題、インターネット時代における防衛、言論の自由、将来のNATOの役割、そして平和と安全における女性の役割などが含まれており、活発な議論が交わされました。
[PR]

by bestofub | 2011-01-26 06:09 | UB 国際学部
2010年 09月 23日

UB 国際学の学生が第7回国連青年会議にてトップポストに

UB国際学部のGlobal Development and Peace修士課程の二人の院生が8月4日から6日に開かれた第7回国連青年会議(The United Nations 7th Annual Youth Assembly)にてトップポストを持ち大きく活躍しました。

国連のDepartment of Public InformationとFriendship Ambassadors FoundationそしてFinland国連代表部の共同主催で行われた今年のYouth AssemblyでEcuadorからUBに来ているFrancisco Eguiguren君がトップポジションであるProgram Coordinatorとして、また中国からUBに来ているYuan Zhangさんは広報関係(Media Production and Outreach)の責任をはたしました。

UBのGlobal Development and Peaceの修士課程に関する詳しい情報はこちらで。
[PR]

by bestofub | 2010-09-23 23:21 | UB 国際学部
2009年 04月 04日

マスコミュニケーション学 教授 3度目のフルブライトフェローシップ

b0090762_3533238.jpgブリッジポート大学、国際学部のマスコミュニケーション学及び修士課程を教えられているYanmin Yu教授が3度目のフルブライトフェローシップに選ばれました。

Yu教授はフルブライトフェローシップで過去に中東とオーストラリアの研究をされてこられましたが、今回はウエストアフリカに位置するセネガルを訪れ、社会経済の発展におけるメディアの役割について宗教、女性、教育そして人権など様々局面からから研究されることになっています。

Yu教授の研究は帰国後、より発展的な学びの場を学生達に提供することが期待されています。

Yu教授は政府がスポンサーである教育奨学金協会、IIEスポンサープログラムーBoren, Gilman, Fulbrightなどの担当者でもあります。
[PR]

by bestofub | 2009-04-04 03:56 | UB 国際学部
2009年 01月 05日

国連訪問

ブッリッジポート大学の修士課程であるGlobal Development and Peaceを専攻する学生達は12月3日から4日にかけて、国連本部で現在具体的に国際問題に取り組んでいる専門家達から現状説明を受けると共に、持続的な開発や温暖化に伴う気候変動、また人類の安泰と平和、人道主義による救援などをトピックとしたプレゼンテーションを受けました。

特に2002年から2007年まで国連の事務次官でもあり、世界平和に大きく貢献されているAnwarul K. Chowdhury大使からの指導は学生達に将来の国際指導者としてのあり方を深く考えさせられるものとなりました。
b0090762_23153830.jpg
<University of Bridgeport students in the Master of Arts degree program in Global Development and Peace gather with one of their United Nations hosts at the U.N. headquarters in New York in early December. From left, Miguel Arroyo, Abdulla Guc, Wilma Harris, Dr. Dave Benjamin, who heads the masters program, David Lyons, Musa Ugurlu, James Sniffen, the information and liaison officer for the UNEP, Dr. Noel Brown, April Napralla, Sarala Gurung, Smriti Rai, Jyotshna Aryal, Alexandria Detmer, Justin Hume and Tijana Bokic.>
[PR]

by bestofub | 2009-01-05 23:32 | UB 国際学部
2008年 11月 06日

Rotary International World Peace Fellowship

2006年ブリッジポート大学のIPED専攻(国際政治経済及び外交学科)を卒業したNicole Clark-SomervilleがRotary International World Peace Fellowshipとして選ばれました。

b0090762_544190.jpgコネティカット州でRotary Fellowshipに選ばれたのは2004年イェール大学の学生が初めてで、Nicoleが2番目になります。Rotary Fellowshipには毎年全世界から約60人が選ばれ、日本の国際基督教大学やイギリスのBradford大学、アメリカのUC-BerkeleyとDuke大学などの世界的な六つの大学院修士課程で勉強が出来る特典が与えられます。

Nicoleはブリッジポート大学に通いながらも南米、アフリカ、ヨーロッパなどに行き勉強や研究などをしてきましたが、今回、Rotary Fellowshipに選ばれてからは日本の国際基督教大学に行き行政学研究科で修士課程を勉強する事を決めたようです。日本に決めた事に関してNicoleは次のように感想を述べていました。“I am an American so I am familiar with Western and European culture and affairs. I lived in Guatemala for a year and that opened the doors of Latin America. Now I am in Benin Republic… I believe that since I am preparing for a career in international affairs, I should be familiar with regional affairs, not just relying on the media but from first-hand experience, living and studying in the region. Japan is a great place to begin!”

高松のファイブアローズでプロバスケットボール選手として活躍してるUB出身のゴードン・ジェームスと共にNicholeも日本で多くの事を学びグローバルリーダーになっていくのを期待します。
[PR]

by bestofub | 2008-11-06 07:03 | UB 国際学部
2008年 07月 09日

ブリッジポート大学 修士 "グローバル開発と平和学"

International College (国際学部)のこれまでの成果を受け、2008年秋学期より修士学位で"グローバル開発と平和学" (MA in Global Development and Peace)が開講されることになりました。

グローバル開発と平和学では以下のような三つの専門分野で集中して学ぶことができます。

• 政府機関や国際機関の間で開発分野で専門家になる: 国際政治経済と開発専攻
• 文化と世界の紛争解決の専門家になる: 平和、文化及び開発専攻
• 国際経営及びリスクマネージメントの専門家になる: グローバル開発専攻

b0090762_1103978.jpg

Program of Study UB’s new Master of Arts in Global Development and Peace is designed to prepare future civil servants and business professionals for careers in global development and human security. The program is multidisciplinary. Graduates will develop expertise in research methods, in regional political economy, and will be expected to have or to develop a working knowledge of one major foreign language. Within the degree students will choose one of three foci: 1) Political Economy and Development or Culture and 2) Conflict Resolution for students interested in a career in government or a non-governmental organization, and 3) Global Management and Governance for students with an interest in business. Students will spend a minimum of two months in an overseas intern-ship. The program can be completed in two years.


国際学部 Internship and Career Opportunities

International College students have interned at the United Nations, the World Bank, and think tanks in Washington D.C. They have worked in the offices of members of U.S. Congress, state legislators, mayors, and senatorial campaigns. They have also interned at law firms and Fortune 500 companies. Our graduates are working in diplomatic missions, non-governmental organizations, and UN field mission. They are also working for major corporations such as Swiss Bank and The Bank of New York. Others have been accepted into graduate schools including Columbia University, Yale University, and a University of London to pursue advanced degrees in law, international relations, political science and international business.
[PR]

by bestofub | 2008-07-09 02:30 | UB 国際学部
2008年 07月 09日

UB student wins William J. Clinton Scholar award

b0090762_122635.jpgブリッジポート大学3年生のLouise Lisboaさん(IPED - 国際政治経済及び外交学 専攻)はクリントン大統領が設立した"William J. Clinton財団"からWilliam J. Clinton Scholar に選ばれ、この夏DubaiにおいてMiddle Eastの研究に励んでいます。

ブリッジポート生まれのLisboaさんは14歳で高校卒業後、Housatonic Community College に入学、16歳で同Collegeを卒業してから、UBに編入しIPEDを専攻しています。

The trip to the Middle East is one of many unique experiences the 17-year-old has had. Lisboa was a page in the U.S. Congress, an intern with the American Bar Association and as member of the Greater Bridgeport Youth Symphony Orchestra. This year Lisboa was also a member of the University’s Model United Nations team that paired with a similar team of leading students from Japan in the National Model UN program that was held at United Nations Headquarters in Midtown Manhattan in March.
[PR]

by bestofub | 2008-07-09 01:22 | UB 国際学部
2007年 06月 21日

UBの武道学科に関するFOX TV News

ブリッジポート大学ー国際学部の武道学科に関するニュースがFOX TV Newsで放送されました。教授や学生達のインタビューからは真剣な様子が見うけられます。UBの武道学科はアメリカ初ということもあり、学生達の高い質(学業と武道の両面において)に誇りを持っています。

次のリンクでFOX TV Newsを楽しんでください。
FOX TV News - UB武道学科
[PR]

by bestofub | 2007-06-21 10:59 | UB 国際学部
2007年 03月 20日

模擬国連会議全米大会 日本代表団を迎えて

いよいよ3月20日~24日, NYの国連本部で行われる模擬国連会議全米大会に向けて日本代表チームとUBチームがNYに出発します。
b0090762_1020570.jpg
3月11日に日本代表団11名(東京外語大学、早稲田大学、横浜大学、京都大学、大阪外語大学、神戸大学)をUBに迎え約1週間双方のチームの調整が行われました。この期間UBと日本チームに与えられた国、コンゴ民主共和国の元外交官、Iboki Bolelemba氏からのお話をはじめ、United Nations Environment Programme(国連環境計画;UNEP)の元ディレクター、Dr. Brownなど現場で活躍されたこられた方々の生の声を頂き、学生達はより高いレベルでの学びの場を持ってきました。また教授の指導の下スピーチや決議案作成のトレーニング、デイベートなどもしてきました。19日には大会を前に現国連職員からの生の声を聞く事ができました。大会では未来の外交官達の活躍が楽しみです。

日本代表チームの渡米日記
2007年度 模擬国連会議全米大会 日本代表団
[PR]

by bestofub | 2007-03-20 10:28 | UB 国際学部