ブリッジポート大学 (University of Bridgeport - UB)

bestofub.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 23日

イラクからの招待状

ブリッジポート大学はイラクのNouri al-Maliki首相からオフィシャルの招待状を頂き、1月16日アドミションに責任を持つ副学長Barbara MaryakとディレクターのSteven Boydがイラクに向けて出発しました。b0090762_5355496.jpg

この招待状はイラク再建の為、国の将来を担う若者を教育し、世界の中で調和しながらもしっかりと独立していく道を切り開いていかなくてはいけないという政府の方針のもとに、アメリカの4000大学のうち20校に対し、送られたものです。

政府は年間一万人の学生をアメリカ, カナダ、イギリスの大学に送る計画を立てていて、今回の訪問でUBチームはBaghdad とKurd市で大学のプレゼンテーションをすることになっています。

UBには80カ国を超える国からの学生達が学んでいますが、2009年秋学期には初めてイラクからの学生を迎えることになります。

イラク訪問後はパートナー校、AL Hussein Bin Talal UniversityとPrincess Sumaya University のあるJordanに向かうことになっています。
[PR]

by bestofub | 2009-01-23 05:53 | UB ニュース
2009年 01月 13日

UB先輩の紹介:  国連大使 - Ivan Barbalic


1997年ブリッジポート大学の国際経営学科を卒業したIvan Barbalicさんが2009年1月8日付けでボスニア‐ヘルツェゴビナ共和国の国連大使(Ambassador to the United Nations)として赴任しました。

33歳での国連大使就任で国連の歴史上もっとも若い国連大使の仲間に記録されるようです。先週の木曜日に国連本部でパン・ギムン国連事務総長に会い公式的な活動を始めました。これからも、益々の活躍を期待しています。

**写真は国連のホームページにのせられてるもので、パン・ギムン国連事務総長(写真の右)に会い国連大使としての赴任を申告する場面です**
[PR]

by bestofub | 2009-01-13 03:42 | UB 先輩の紹介
2009年 01月 10日

学生のインタビュー (国際政治経済及び外交学 専攻)

ブリッジポート大学で国際関係学(International Political Economy and Diplomacy - IPED)を専攻している学生のインタビューです.


[PR]

by bestofub | 2009-01-10 00:36 | UB Video
2009年 01月 08日

2009年度 コネチカット州における斬新な女性工学者賞

b0090762_1393011.jpgブリッジポート大学のJani Macari Pallis博士と学生の中からSubrina ThompsonがWomen of Innovation Awards 2009に選ばれました。

この賞はコネチカットテクノロジー協会が後援するもので、現場で働く工学分野の専門女性と学生の中から最も創造的で彼女達のフィールドにおいてモデル的、リーダー的役割を果たしている女性に与えられます。

Pallis博士はブッリッジポート大学のTechnology Management修士課程の助教授で、これまで政府や専門企業の為に研究開発を進め、NASAと共に国家レベルの教育プロジェクトを導いてきました。彼女の専門は流体力学です。

NASAのスポーツの空気力学プロジェクトの主任研究員として彼女はテニスの空気力学、物理学と生態力学を調査している研究をリードしました。

Jani Macari Pallis博士は? 学部生の時にはGeorgia Institute of TechnologyでBiomedical Industrial EngineeringとComputer Scienceを勉強し、大学院修士課程はUniversity of California at BerkeleyでMechanical Engineeringを専門にしています。博士課程はUniversity of California at DavisでMechanical and Aeronautical Engineeringを勉強しています。
女学生としてこの賞に輝いたThompsonさんはUBの学部でコンピューターサイエンスを学んだ後、現在大学院でコンピューターサイエンスとテクノロジーマネージメントの二つのメジャーを専攻しています。

2004年の秋よりディーンリスト、プレジデントリストにあげられてきた、ThompsonさんはNACME奨学生でもあり、UPE Honors協会のメンバーです。ACMプログラミングチームのメンバーとしてウェストフィールド州立大学で開催されたコンテストにも参加しました。

大学でのアカデミック分野は勿論、それ以外にも現在Thompsonさんはブラックエンジニアの全国協会ブリッジポート支部の重役、UBエンジニア協会および大学のソシアルダンスチームの一員として有意義な学生生活を送っています。
[PR]

by bestofub | 2009-01-08 01:42 | UB 工学部
2009年 01月 07日

カイロプラテック博士課程卒業式

2008年12月、C.Kevin Donovan博士(ロードアイランドの前カイロプラテック協会会長)の言葉に送られ25人の学生達がカイロプラテック博士としてブリッジポート大学を巣立ちました。

UBのカイロプラテック学部は1991年にアメリカで総合大学において学部としては最初に設立されて以来、その教育と卒業生達の社会における業績に高い誇りを持っています。

ブリッジポート大学、カイロプラテックの学部長Frank Zolli博士は世界カイロプラテック大学協会(Association of Chiropractic Colleges-ACC)の会長を勤めています。

b0090762_0203939.jpg

[PR]

by bestofub | 2009-01-07 00:22 | UB ヘルスサイエンス学部
2009年 01月 06日

UB 卒業生 後輩達と交流

2002年、ブッリジポート大学の国際学部、社会学科を卒業し現在国連本部のU.N. Development Programme(UNDP)で活躍されている日本人先輩のせいのみしこさんが母校の後輩達にこれまでの経歴や国連におけるインサイダーとしての見解をシェアして下さいました。

b0090762_5191870.jpgせいのさんは2006年よりニューヨーク国連本部のUNDPに所属, 特に日本がサポートしているプロジェクトを中心としながら国連開発計画に関わってきました。彼女が関わってるプログラムは国連ミレニアム開発を目標とした様々な国連活動のコーディネーターであることを指摘しながら、学生達と国連開発計画の具体的な活動について議論しました。

せいのさんの経歴はUB在学中に始めたNew Yorkの日本領事館でのインターンシップから始まり、ブッリジポート大学卒業後には国連の日本政府代表部(Permanent Mission of Japan to the United Nations)で勤務できるようになりました。日本政府代表部での勤務の際には、問題解決の為、課題を進めるにあたって向き合われる外交官達の様々な挑戦を目の辺りにしたそうです。

最後にせいのさんは学生達に、国連などの国際機関で活躍するために、これからは高い国際関係にかかわる知識を得ると共に、ファイナンスやアカウンティングなどの様々な分野においての専門知識を取得する必要があることを強調されました。
[PR]

by bestofub | 2009-01-06 05:16 | UB 先輩の紹介
2009年 01月 05日

国連訪問

ブッリッジポート大学の修士課程であるGlobal Development and Peaceを専攻する学生達は12月3日から4日にかけて、国連本部で現在具体的に国際問題に取り組んでいる専門家達から現状説明を受けると共に、持続的な開発や温暖化に伴う気候変動、また人類の安泰と平和、人道主義による救援などをトピックとしたプレゼンテーションを受けました。

特に2002年から2007年まで国連の事務次官でもあり、世界平和に大きく貢献されているAnwarul K. Chowdhury大使からの指導は学生達に将来の国際指導者としてのあり方を深く考えさせられるものとなりました。
b0090762_23153830.jpg
<University of Bridgeport students in the Master of Arts degree program in Global Development and Peace gather with one of their United Nations hosts at the U.N. headquarters in New York in early December. From left, Miguel Arroyo, Abdulla Guc, Wilma Harris, Dr. Dave Benjamin, who heads the masters program, David Lyons, Musa Ugurlu, James Sniffen, the information and liaison officer for the UNEP, Dr. Noel Brown, April Napralla, Sarala Gurung, Smriti Rai, Jyotshna Aryal, Alexandria Detmer, Justin Hume and Tijana Bokic.>
[PR]

by bestofub | 2009-01-05 23:32 | UB 国際学部